有働由美子アナ、東北弁の“ユミコ婆”になって呼びかけ「よぐ考えてみろって」

インスタグラムより@udoyumiko
インスタグラムより@udoyumiko

 元NHKでフリーの有働由美子アナウンサー(51)が7日、自身のインスタグラムを更新し、“ユミコ婆”のイラストに声を乗せて、外出自粛を呼びかけた。

 有働アナによく似た「おばあさん」が2匹の犬に囲まれてお茶を飲んでいるイラスト。有働アナがおばあさん風の口調で「よぐ考えてみろって」と語りだし、「地震や大雨 台風のときみたいに 水がねぇ 電気もねぇ 食べ物もねぇ ってわけでねぇわけよ」と訴えた。

 「人と会わねぇ子と以外は通常なんだよ」などと語りかけ、「わたしらの行動を変えるしか ウイルスも私たちの不安も止められねぇのよ」と東北の方言で語りかけた。

 ハッシュタグの最後には「#政府発表だけではなく、皆さんの年齢の皆さんの地域の方々に届くようにどうぞお伝えください」と呼びかけた。

 この投稿には女優の石田ゆり子らが「いいね!」を付け、「有働さん良いお言葉ありがとう 有働さんも気をつけねぇ」「震災のときに比べたら、なんの不自由もありません、本当に」「70代80代90代以上の人生の先輩方も自宅に居るよう明言して頂けると助かります」「東北地方出身者として、なまり全開の有働さんに涙流しつつ」「ゆみこばぁちゃんの言うとおり」などのコメントが寄せられ、1時間足らずで1万5000回以上の再生回数を記録した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請