マラソン服部勇馬「本番で全力を出し切れるよう、準備していきます」…21年7月23日開幕へ内定選手の決意

服部勇馬
服部勇馬

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、1年延期となった東京五輪。既に代表権を勝ち取っていた選手には複雑な思いもあったが、「21年7月23日開幕」という明確な目標が決まった。気持ち新たに再スタートを切った内定選手たちの1年3か月後に向けた思い、誓いをまとめた。

 ◆マラソン

 中村匠吾「今年開催してほしい気持ちはあったが、現状では難しいことは納得していた。21年夏の開催が決定されたとのことでまずはホッとしている。気持ちを新たに、地道に練習に取り組んでいきたい」

 服部勇馬「世界が新型コロナウイルスの影響で深刻な状況の中、オリンピックの舞台で、競技できる機会をいただけることに感謝しています。これからも変わらず、本番で全力を出し切れるよう、準備していきます。一日でも早い、コロナウイルスの終息を願っています」

 前田穂南「これから1年間強化する期間が増えたと捉えて、引き続きトレーニングに取り組みます」

 鈴木亜由子「準備期間が十分にできたことで、より自分の課題と向き合い、経験を積んだ上でレース本番に臨むことができると考えています。世界中で大変厳しい状況が続いていますが、オリンピックは希望だと私は思います。日々自分ができる行動を取り、スタートラインに立つまで前向きに練習に取り組んでいきます」

 ◆東京五輪代表 別表の104人は五輪延期決定前に各競技団体が正式に発表した選手。国際大会でのポイントレースで決まるバドミントンは、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子シングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)、山口茜(再春館製薬所)、混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が、3月中旬にワールドツアー中断が発表される前の時点で“五輪確実”となっていた。サーフィンは男子の五十嵐カノア(木下グループ)は暫定的、村上舜、女子の松田詩野は条件付きで内定を得ている。フェンシングは男子エペで山田優(自衛隊)、女子フルーレは上野優佳(中大)、東晟良(日体大)、自転車では女子の梶原悠未(筑波大大学院)、男子の脇本雄太、橋本英也(ともに日本競輪選手会)は“代表確実”にある。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請