【ロッテ】ドラ1佐々木朗希、10日ぶりZOZOで自主練習「今は我慢をする時」

開幕へ向け調整を続ける佐々木朗
開幕へ向け調整を続ける佐々木朗

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が6日、開幕が白紙になってから初めて、球団を通して意見を述べた。

 「状況はみんな一緒なので、こればかりは仕方がない。今はとにかく全てにおいて我慢をする時。その中でやれることを見つけて一日を大事に過ごしていきたい」。この日、10日ぶりにZOZOマリンで行われた自主練習に参加。朗希と時間差ではあったが、新加入した鳥谷敬内野手(38)も本拠地で初練習を行い、非公開で約2時間、汗を流した。

 朗希は9日間の活動休止中はさいたま市内の寮のトレーニング場で毎日ネットピッチングと体幹トレ、ストレッチを欠かさず行い、ウェートトレも2日に1回のペースで行うなど、できる範囲で体を動かした。開幕の見通しが付かない状況だが「野球ができる時が来たら、しっかりとしたパフォーマンスを見せられるようにしていくだけ」と話した。(小田原 実穂)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請