【DeNA】石田健大、スマホアプリで英語勉強中

スポーツ報知
横浜スタジアムで自主練習に取り組んだ石田(球団提供)

 DeNAの石田健大投手(27)が5日、新型コロナウイルスの影響による開幕延期と外出自粛で生じた時間を利用して、英語の学習に取り組んでいることを明らかにした。

 横浜スタジアムで非公開の自主練習を行った左腕。開幕日が白紙となり、練習試合再開の見通しも立っていない中で「登板日を意識しなくていいので心肺系、下半身の追い込みに取り組みたい」と、ランニングやウェートトレーニングに重点を置いて調整を進めている。

 ほぼ球場と自宅の往復だけが続く毎日。プライベートな時間を有効利用するために、スマホの英単語アプリ「mikan」で英語の勉強にも取り組んでいる。チームのまとめ役でもある選手会長だけに、語学力アップは外国人選手との円滑なコミュニケーションにもつながりそう。他にも「違う競技で刺激を受けるし、取り組みなどを見ているとモチベーションが上がる」と、バレーボールが題材のアニメ「ハイキュー」を見るなど、様々なアイデアで未体験の日々を過ごしている。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×