【オリックス】開幕再延期に山岡泰輔投手、吉田正尚外野手らが理解「まずは感染しないこと」

オリックス・山岡泰輔
オリックス・山岡泰輔

 オリックスの山岡泰輔投手(24)が、新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズン開幕が再延期されたことについて4日、球団を通じてコメントを発表した。

 山岡は「今の日本の状況を考えると開幕の延期は仕方ないと思います。もちろん僕たちも球場でファンの皆さんにお会いできるのを楽しみにしていますが、まずは感染しないことを第一に考えて行動しなければいけないと思います。その中で今、できることをしっかりと考えながら準備していきたいですね。なかなか先が見えず苦しい時間が続きますが、1日でも早く終息することを願っています」と理解を示した。

 また吉田正尚外野手(26)も「現在の状況を考えると開幕の延期、日程が決まらないというのは仕方ない部分がありますね。開幕が決まっていないので、もちろん難しい調整になってしまいますが、まずは感染しない、そして感染させないということを考えて行動していかなければいけないと思います。少しでも早く今の状況が終息に向かって欲しいですし、僕達もそうですが、関係者の皆さん、そしてなによりファンの皆さんが安心して球場に観に来て頂けるようになって欲しいと思います」とファンにメッセージを送った。

 チームは当初予定の全体練習を中止して、今月1日から5日までを大阪・舞洲の球団施設限定での自主練習に設定。球団のインスタグラムアプリを利用したインスタライブで、練習中の動画を生中継している。この日もT―岡田外野手(32)、安達了一(32)内野手や榊原翼投手(21)らが体を動かしている様子が中継された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請