藤井寺のグラウンドに笑顔がかえってきた!野球ができる喜び!

チームメートと再会し笑顔の藤井寺ナイン
チームメートと再会し笑顔の藤井寺ナイン

 頑張れ、ボーイズリーガー! 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、活動を自粛していた各チームが動きだしました。ただ、その活動内容には制限があり、各チームは工夫をこらし練習をしています。ボーイズ報知では、そんな厳しい状況下で、頑張る選手たちの近況を届けます。第1回は大阪中央支部の強豪・藤井寺ボーイズです。

 練習解禁で藤井寺ナインがグラウンドに戻ってきた。これまではキツかった!?ランニングやノックでも、つい笑みがこぼれてしまうほど、野球ができる喜びが、体からあふれ出ていた。

 学校の臨時休校に続き活動自粛が通達されたが、各選手は自主練習に励み、再開に向けて体をつくってきた。エース・鞠谷(きくたに)優(3年)は「久しぶりに投げられてうれしかった。みんなも調子が上がっているが、僕はスラッターの練習を始めた。試合で使えるようになりたい」と新たな球種マスターに挑戦中。吉川孝成捕手(同)は「野球をやりたかったから、すごく楽しい。自主トレできる環境を用意してくれた親に感謝。優勝して恩返ししたい。全体を見渡してブランクを感じない」と感謝の気持ちを胸に努力を続けることを誓った。

 試合再開がいつになるかなど、依然として先が見えない状況が続く。それでも西川昇太主将(同)は「練習ができて全てがうれしい。練習を続けてチームをつくっていく。その都度気持ちを切り替えて、まとまりのあるチームにしたい」と力強く宣言。久しぶりに選手らを見守った西浦監督は「私自身こんな経験はない。ただ、練習を見てバテる子がいないのは、きっちり自主トレを積んできたんだなと思う」と目を細めた。今後は、ナインの士気向上に取り組み、チーム力をアップしていく考えだ。

 練習再開に当たっては、日本少年野球連盟から、保護者の帯同を制限するなどいくつかのルールが課された。吉田代表は「この状況になって、選手も私たちも野球ができることが当たり前ではないことを実感した。彼らには辛い経験だが、生命に関わること。試合ができる日まで気持ちを切らさずにいてほしい」と選手をおもんぱかった。藤井寺ナインも今は闘志を胸に秘め、その日を待つ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請