亀梨和也、“無二のアミーゴ”山Pとのアモール…<紙面未収録加えた完全版>

 ◆紙面未収録インタビュー

 亀梨が言う「新たなこと」―。ジャニーズがYouTube公式チャンネルで行った配信企画「Johnny’s World Happy LIVE with YOU」の2日目(3月30日)にKAT―TUNとして出演した。

 「僕個人で言うと、ああいう形でYouTubeに、というのは初めて。やり心地というか、これはこれなんだと。受け取り側にとっても、テレビを見る、コンサートDVDを見る、YouTubeを見るって、一緒のようで全然違うんだと思いました」

 今回は、事前に横浜アリーナの無観客ステージで収録したパフォーマンス映像を公開。一見すると、テレビの音楽番組のようでもある。

 「テレビって割とこっちがやっていること、しゃべっていることを撮ってもらっているという感覚。YouTubeって僕も初めてで、どういう感じなのかと思ったけど、全世界に配信しているようで1VS1なんだなって。体感としては割とカメラに向かって、という世界。だから、もっと違う楽しませ方もあるのかなというのは、勉強していかないとと思ったし、可能性、伸びしろはめちゃくちゃ感じました」

 ジャニーズは長年、肖像権保護などの観点からインターネット上での取り組みに消極的だったが、近年は緩和の流れにもなっている。その中で、イベント自粛が続く今だからこそ実現した“YouTubeデビュー”でもあった。

 「受け取り側のマインドも絶対に違うし、見せ方としては極端な話、今ここでカメラを自分の目の前に持って歌うとか、そういう距離感でも成立すると思う。むしろ、そういうのはテレビじゃ出来ないことだったりする。今までは興味が湧きすぎないように、自制していた部分もあるけど(事務所が)いいというなら、興味を湧かせたい」

 もちろん、極端にすべて“解禁”することがいいとは思っていない。デジタル配信に対する思いも同様だ。

 「とはいえ、ずっとテレビにお世話になってきている中で、テレビで出来ること、テレビとしての見せ方もあるし、役割もある。僕自身も絶大なるものとしても捉えている。それで言うと、世界的に見ればCDを出すこと自体も(少ない)。だからこそ、今回パッケージもすごくこだわった。手で触れてもらえるものの良さもある。そのプラスαとして、デジタルとしてのアプローチもあると思うし、可能性をたたけたらなというのは、ずっと話している」

 ただ、大きな光を感じたのは確かだ。

 「僕らの仕事って、やっぱりいかに楽しんでもらえるか。まさに今こういった状況だからこそ特に、どう動けるか。ちゃんとファンの方、視聴者の方とつながれる取り組みというのは、僕らももっと模索していかないといけないと思っています」

 今年は3年ぶり映画主演も控える。“事故物件住みます芸人”松原タニシ(37)のノンフィクションの実写化「事故物件 恐い間取り(仮)」(8月28日公開、中田秀夫監督)だ。

 「それこそホラーも初体験だったけど、ホラーの撮影って超エンタメなんだと思った。コンサートを作るのに近い感覚があった。もちろんお芝居があるけど、構成がしっかりしていないと成立しない。より緻密な計算があるからこそ」

 人VS人だけでなく、人VS物、人VS空間だったり、ホラーには独特の要素もある。

 「お芝居もしているけど、感情の動かし方だったり、普段のお芝居と違った脳みそを使いながら。そこはちょっと発見でしたし、面白かったですね。こういう感覚もあるんだと」

 演じるのは、売れない芸人という役どころ。主演が発表された際には「初めての姿をお見せできると思う」と期待させた。

 「最近は何か、分かりやすく言うと『“亀梨感”を消して欲しい』という役をいただくことが多い。今回も、それこそボサッとして欲しいとか、ダラッとして欲しいというのがあったり。だから、シンプルに亀梨和也としてだけ活動していたら、しないよねという髪形だったり」

 映画は現在、編集作業中。「リング」(98年)などのホラーの巨匠・中田監督の手によって、どう作り上げられているのか。

 「今までやったことのない表情とかも、すごくやっていると思う。レコーディングが迫っているのに、めちゃくちゃ叫んで声を潰したり…。いろいろやりました。でも、とにかく僕らが出来ることを今やらないとと思うので。どうなっているのか、僕も楽しみです」

 ◆亀梨 和也(かめなし・かずや)1986年2月23日、東京都生まれ。34歳。小1から中1まで江戸川区のシニアリーグに所属し、軟式の世界大会に主に投手として出場。中学1年だった98年にジャニーズ入所。99年「3年B組金八先生」(TBS系)で俳優デビュー。01年4月「KAT―TUN」結成。06年3月「Real Face」でメジャーデビュー。10年から日テレ系「Going!Sports&News」で日曜のスペシャルサポーターを務める。

1 2

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請