土屋炎伽さん、クイズ番組での態度が炎上し謝罪「回答出来なくても盛り上げることを意識をしてみたけれど、空回りでした」

土屋炎伽さん
土屋炎伽さん

 女優・土屋太鳳の姉で「ミス・ジャパン2019」グランプリの土屋炎伽(ほのか)さん(27)が3日、自身のインスタグラムを更新。クイズ番組での自身の振るまいについて「空回りでした」と反省の弁をつづた。

 30日放送のフジテレビ系「ネプリーグSP」に「名門大美女軍団」の1人としてゲストした炎伽さん。番組では数学の三角関数の「サイン・コサイン・タンジェント」を1人だけ間違えるなどし、ネット上では「見ていられない」「何しに来たん?」「ぶりっ子」などと厳しい声も上がっていた。

 炎伽さんは「ネプリーグを観てくださった方々や感想を下さっている方々に、心から感謝しております」と書き出し、「私はクイズがとても苦手ですが、それ以前に、勉強が得意な学生ではありませんでした」と告白。母校の明大国際日本学部には高校教師や家族の支えで入学できたと感謝した。

 その上で「クイズが苦手なのになぜ出るのかと疑問に思う方も多いと思いますが、ミスジャパンの活動としても番組に呼んでいただけることは本当にありがたく、苦手意識はあったものの、逃げずに挑戦する姿が届けばと気持ちを切り替え、出演させていただきました」とし、「回答出来なくてもチームを盛り上げることを意識をしてみたけれど、空回りでした」とコメント。

 「挑戦してみたものの、自分が思っていなかった方向にいってしまった。母校やミスジャパンの価値を誤解されてしまう状況を作ってしまいました」と振り返り、「恩ある人たちや場所に失礼になってしまうかもしれない。思い描く女性像も自ら遠ざけてしまっていて、とても悩んでいる日々です」と吐露した。

 そして「今一度、何のために挑戦してきたかを思い出し、アドバイスはいただきつつも、何事も自分らしく取り組んでいきたいと思います」とつづり、「全てにおいて要領が悪く、徹夜で覚えたり考えたりしなければ取り組めないスピードの遅さはありますが、恩あるスポーツや応援の精神を活かすためにも、頑張ってまいりたいと思います。あと2つクイズ番組の収録がありますが、どちらもまずは真剣に取り組みたいと思い、臨みましたので、見守っていただけたらと思います」とリベンジを誓っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請