【Bリーグ】大阪エヴェッサでクラスター化疑い…選手1人陽性、計10人が体調不良訴え

スポーツ報知
Bリーグ新型コロナウイルスへの対応経過

 バスケットボール・B1リーグの大阪エヴェッサは2日、選手1人に新型コロナウイルスの陽性判定が出たと発表した。当該選手は入院中で、プライバシー保護のため名前は公表されていない。Bリーグの感染者は初めて。チーム内では当該選手を含め、選手、スタッフら10人が体調不良を訴えており、集団感染の疑いも出てきた。関西のプロスポーツではプロ野球・阪神、サッカー・J1の神戸、C大阪に続き、感染者が出たのは4チーム目。Bリーグは3月27日に今季の残り全試合の中止を発表していた。

 すでにシーズン打ち切りという措置をとっていたBリーグでも、感染拡大の動きは止められなかった。大阪エヴェッサは選手1人に陽性判定が出たことを受け、2日午後にウェブ会見を行い、安井直樹社長、阿部達也ゼネラルマネジャーが出席した。安井社長は「Bリーグをはじめ、関係者、ファンのみなさまにご迷惑をおかけして、申し訳ございません」と謝罪。プライバシーの観点から選手名を公表しないこと、選手スタッフ約20人のうち、当該選手を含めて10人が体調不良を訴えており、集団感染の可能性などが明かされた。

 当該選手は3月27日に発熱。嗅覚に異常も感じ、30日にPCR検査を受けた。1日に陽性が確認され、現在は入院している。感染経路について、安井社長は「事実関係を確認中」としたが、3月24日に当該選手以外の5選手が大阪市内で計12人での食事会に参加し、その参加者の一人(一般人)が28日に感染が発覚したと明かした。当該選手の感染への因果関係は不明だが、チームは25~27日に活動を続けており、選手、スタッフは濃厚接触が起こりやすい環境にあった。チームからは外出自粛要請が出ていたが、禁止ではなかった。食事会に参加した5選手は、この日までに全員が何らかの体調不良を訴えた。28日以降は、業務命令として外出禁止が通達されていた。

 大阪市此花区の人工島・舞洲にある本拠地兼練習場の「おおきにアリーナ舞洲」の常駐スタッフの10人のうち、3人も体調不良を訴えている。1日にGK永石の感染が判明したJ1・C大阪は同じ舞洲を拠点としているが、他のプロスポーツクラブの関係者と接触した事実は行動履歴の中では出ていない。今後は保健所の指示で、濃厚接触者はPCR検査を受ける見込みで、すでに1人は検査日も確定。全選手、スタッフは自宅待機で経過観察、大阪市の指導の下で本拠地の消毒などの処置がとられる。

 ◆感染選手と他選手の動き

 ▽3月24日 感染した選手ではない、5人が計12人での食事会に参加

 ▽同25、26日 チーム練習を実施

 ▽同27日 当該選手に朝37.5度の発熱を確認。練習を欠席し、自宅待機。選手1人も37.5度の発熱で自宅待機

 ▽同28日 当該選手が朝37.8度、昼37.6度、夜39.6度の発熱、倦怠(けんたい)感と咳(せき)。検査結果は異常なしで経過観察。他の選手が、夕方に体調不良と発熱を訴える。24日の食事会に参加した5選手以外の参加者が新型コロナウイルスに感染したことが発覚

 ▽同29日 当該選手に朝37度、夜37.7度の発熱と咳。全選手とチーム関係者全員が自宅待機。他の複数の選手も発熱

 ▽同30日 当該選手が大阪府内の病院でPCR検査。嗅覚に異常を感じる。29日に発熱報告のあった他の複数の選手の熱は下がる

 ▽同31日 熱が下がった選手のうち1人が嗅覚異常を訴える

 ▽4月1日 当該選手の検査の結果が判明し、陽性

 ▽同2日 感染した1人のほか、選手、チームスタッフ、練習会場の関係者が体調不良を訴えていると発表

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×