アマ野球の試合数減り、プロのスカウトは腕の見せどころ…記者の目

スポーツ報知
神宮球場

 センバツに続いて社会人の日本選手権が中止に。大学選手権は8月への延期が決まったが、この日程は夏の甲子園と丸かぶりだ。新型コロナウイルスの感染拡大は、アマ球界の有力選手をマークするNPBスカウト陣にも多大な影響を与えている。

 現時点では高校、大学、社会人を通じて公式戦を行っているところはほとんどなく、練習を自粛しているケースも多い。ある球団のスカウトは「活動自体を自粛されてしまったら、我々は何もやることがない」と頭を抱える。

 特に影響が大きそうなのが高校生だ。スカウトは例年、センバツを含めた春の公式戦でひと冬を越えてどれだけ成長したかをチェックし、評価の判断材料としている。今回はノーマークだった“原石”が突如現れた場合、その成長曲線が分からずに指名をためらう―というケースも出てくるだろう。

 夏の甲子園に出場したり、視察するケースが多い有力校の選手の評価が相対的に高まるということも考えられる。だが、別の球団のスカウトは「選手を見る機会が少なくなる分、下級生の時点でどれだけ視察していたかが生きてくるし、人脈などを駆使した情報量も大事になってくる。今年は腕の見せどころ」と言う。

 今年は、昨年の大船渡・佐々木朗(現ロッテ)、星稜・奥川(現ヤクルト)のような目玉候補が不在。スカウトにとっては力量が問われるドラフトになりそうだ。(アマ野球担当・片岡 泰彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×