Bリーグ大阪エヴェッサ、体調不良者最大10人 集団感染の疑いも…選手1人のコロナ感染

 バスケットボール・B1リーグの大阪エヴェッサは2日、選手1人に新型コロナウイルスの陽性判定が出たことを受け、WEB上で会見を行った。安井直樹社長、阿部達也ゼネラルマネジャーが出席。陽性反応が出た1人を含み、最大で10人に発熱などの体調不良者が出ていることを明かした。

 陽性の該当選手は3月27日に発熱。同月30日にPCR検査を受け、4月1日に陽性が確認されて、この日から入院の予定となっている。安井社長は「感染経路については事実関係を確認中」と説明。しかし3月24日に該当選手を除く選手5人が、計12人での食事会(大阪市内)に参加。その参加者の一般人が、28日に感染が発覚していることを明かした。その後、食事会に参加した5人の選手全員が、なんらかの体調不良を訴えたという。

 チームはBリーグの中止が決定した3月27日の前日までは練習が行われており、選手たちの間では濃厚接触があったとみられる。現在は選手5人、チームスタッフ1人が体調不良を訴え、施設スタッフ3人にも体調不良者が出ている。今後、保健所にPCR検査の実施を希望しており、すでに1人は日程も決定している。なお、感染者が出ている他競技のプロスポーツクラブの関係者と接触した事実は、行動履歴の中では上がっていない。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請