武藤敬司、「W―1」活動休止で今後はフリーとして活動…「フリーって気が楽だからな。オレも自信もっていきていきます」…4・1後楽園ホール全成績

スポーツ報知
無観客で開催されたW-1最終興行で全選手が記念撮影

◆「WRESTLE―1 TOUR 2020 TRANS MAGIC」(1日、後楽園ホール)無観客

 武藤敬司(57)が会長を務める「WRESTLE―1(レッスルワン)」は1日、後楽園ホールで無観客試合の最終興行で6年半の活動を休止した。

 W―1は、2013年7月に全日本プロレスを退団した武藤が設立。同年9月8日に旗揚げ戦を行い、15年10月にはプロレスラーを養成する「プロレス総合学院」を設立するなど選手を輩出してきた。17年3月には武藤が会長となりカズ・ハヤシが社長に就任し新たな体制となったが、2月29日に経営不振を理由に2020年4月1日の東京・後楽園ホール大会を最後に、無期限の活動休止となることを発表していた。

 武藤はメインイベントの8人タッグマッチでカズ・ハヤシ、近藤修司、河野真幸と稲葉大樹、土肥孝司、芦野祥太郎、羆嵐が対戦。フラッシングエルボー、シャイニングウイザード、足4の字固めなど必殺技を惜しげもなく披露したが、試合は羆嵐がカズをフォール。その後、全選手参加のバトルロイヤルを急遽、実施し6年半に及ぶ闘いの歴史に終止符を打った。

 試合後、武藤は、無観客試合に「正直、36年やってきたけど無観客試合は初めての経験でなかなか難しいものがあった。本当は客さえいたら、全お客が泣くような試合やりたかった。それが観客がいないと難しいわな」と明かした。

 その上で、今後はフリーとして活動することを明かした。1984年10月のデビューから新日本、全日本、W―1と常に団体に所属してきた武藤にとってデビュー36年目にして初のフリーとなるが「フリーだよ。でもなんだかんだレッスルワンで30人食わしていくためのことを考えたらフリーって気が楽だからな。オレも自信もって生きていきます。よろしくお願いします」と前を向いていた。

 4・1後楽園大会全成績

 ▼第1試合30分1本勝負

〇児玉裕輔(5分50秒、マッドスプラッシュ→片エビ固め)仁木琢郎●

 ▼第2試合6人タッグマッチ30分1本勝負

〇佐藤嗣崇、新井健一郎、MAZADA(10分10秒、オクラハマスタンピート→片エビ固め)タナカ岩石、●本田竜輝、土方隆司

 

 ▼第3試合30分1本勝負

〇アレハンドロ(9分10秒、ESO ES TODO→片エビ固め)●藤村加偉

 ▼第4試合6人タッグマッチ30分1本勝負

アンディ・ウー、〇頓所隼、エル・イホ・デル・パンテーラ(12分04秒、ドラゴンスープレックス)吉岡世起、CIMA、●鬼塚一聖

 ▼第5試合タッグマッチ30分1本勝負

T―Hawk、〇エル・リンダマン(8分29秒、スクールボーイ)●征矢学、立花誠吾

 ▼第6試合30分1本勝負

〇伊藤貴則(13分49秒、ジャーマンスープレックス)●ペガソ・イルミナル

 ▼第7試合8人タッグマッチ30分1本勝負

稲葉大樹、土肥孝司、芦野祥太郎、〇羆嵐(19分51秒、ダイビングセントーン→片エビ固め)武藤敬司、●カズ・ハヤシ、近藤修司、河野真幸

 

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請