【巨人】水野巡回コーチがスカウト兼務…スカウト部長は当面置かない体制

水野雄仁巡回投手コーチ
水野雄仁巡回投手コーチ

 巨人・水野雄仁巡回投手コーチ(54)がスカウトを兼務することが1日、分かった。巨人はこの日付でスカウト体制を一部、変更。高田誠ファーム・ディレクター(55)もスカウト業務を担うことが決まった。

 原巨人がスカウト強化に“現場の目”を投入する。水野コーチは昨季は1軍投手コーチとして5年ぶりのリーグ優勝に貢献。今季もキャンプでは1、2、3軍を巡回しながら広く指導に当たっていた。昨年11月にはドミニカ共和国で行われたトライアウトを阿部2軍監督らとともに視察。獲得に携わったディプランは31日に支配下登録され、ウレーニャも持ち味のパンチ力でオープン戦で1軍出場を果たすなど、ともに潜在能力の高さを示している。

 高田ディレクターも昨季まで2軍監督を務めており、現場の経験は豊富。現在のスカウト陣にはいない捕手出身者としての眼力にも期待がかかる。既に両者ともスカウト登録を済ませており、障害はない。

 これまでスカウト部長を務めていた長谷川国利氏(57)は編成本部付部長に配置変換となり、プロ選手を視察対象にトレードやFA戦線などの補強戦略を担っていく。これにより、巨人は当面、スカウト部長を置かない体制となった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請