【弔辞全文】加藤茶、志村けんさんへ「そっちに全員集合したら、そっちのお客さんを大爆笑させようぜ。約束だぞ」

74年12月、輪になってポーズ決めるザ・ドリフターズ(手前右から時計回りにいかりや長介、志村けん、加藤茶、仲本工事、高木ブー)
74年12月、輪になってポーズ決めるザ・ドリフターズ(手前右から時計回りにいかりや長介、志村けん、加藤茶、仲本工事、高木ブー)

 フジテレビは新型コロナウイルスによる肺炎で死去した「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けんさん(享年70)の緊急追悼番組「志村けんさん追悼特番 46年間笑いをありがとう」を1日午後7時から放送した。

 加藤茶(77)、仲本工事(78)、高木ブー(87)の元ドリフ・メンバー3人も集合。1977年2月から97年12月まで同局で放送された名バラエティー「ドリフの大爆笑」などのVTRを笑いながら見つめた。

 番組の最後に加藤が贈る言葉として手紙を取り出すと、

 「弔辞 志村、ひどすぎるぞ、おまえ。一番若いおまえが俺たち差し置いて天国に行っちゃうなんてなあ。まだ、俺たちと一緒にやらなきゃならないことがたくさんあっただろ。それを勝手に一人で先に逝っちゃうなんて、おまえはバカだよ。天国の長さんも、まさか、おまえが最初に来るなんて思ってなかっただろうな。ビックリしたと思うよ。長さんの次は高木ブーだと思っていたもんな。でも、久しぶりに二人っきりでいろんな話ができるから、長さんも喜ぶんじゃねえかな。まあ、いずれそう遠くないうちに俺たちもそっちに行くと思うから、それまで長さんと酒でも酌み交わしながら、ドリフの新しいネタでも考えといてくれよ。5人がそっちに全員集合したら、そっちのお客さんを大爆笑させようぜ。約束だぞ。じゃあ、それまでゆっくりと休んでくれ。大好きな志村へ

 令和2年4月1日、ザ・ドリフターズ・加藤茶」

 と弔辞を読み上げた。

 最後に頭を下げた加藤。仲本は「全く同じ(気持ち)ですね」とポツリ。高木は沈黙した後、最後に微笑みながら「決めたの。決めました。46年間、ドリフターズとして、志村とずっと一緒にやってきた人間で普通の人とは違うんだね、僕らは。志村は死なないの。ずっと生きている」と言い切った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請