北京五輪400リレー銀の塚原直貴氏がコロナ陽性…30日から入院、五輪メダリストでは初 

08年北京五輪陸上男子400メートルリレー決勝でメダルを獲得し喜ぶ(左から)塚原直貴、末続慎吾、朝原宣治、高平慎士
08年北京五輪陸上男子400メートルリレー決勝でメダルを獲得し喜ぶ(左から)塚原直貴、末続慎吾、朝原宣治、高平慎士

 富士通は31日、陸上部アドバイザーで2008年北京五輪男子400メートルリレー銀メダリストの塚原直貴さん(34)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3月30日に感染が確認され、入院した。軽症だという。五輪のメダリストで新型コロナウイルス感染が公表されたのは初めて。同社陸上部には東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(27)や同50キロ競歩代表の鈴木雄介(32)らが所属するが、感染判明前の2週間は選手と接触はないという。

 世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルスが、日本の陸上界にも波及した。塚原さんは3月28日に三重県鈴鹿市で練習会の講師を務め、その後に体調不良と発熱のため同県内の病院で受診。熱が下がらず、同29日にPCR検査を受けて30日に感染が確認された。五輪メダリストの感染公表は初めて。

 三重県によると、鈴鹿市のスポーツ教室「イムラアスリートアカデミー」が開いた28日の練習会には他県からも含め計82人が参加、未就学児もいた。県は検査を受けるように呼び掛けている。塚原さんは練習会と別に、三重県内で同行者を含む9人とも接触していた。塚原さんが23日から25日に出社した川崎工場については保健所の指導の下、消毒などの対応を取った。

 同社は塚原さんの希望で実名を公表した。従業員のプライバシー保護のため、原則はコロナ感染者の氏名は明かしていない。今回は塚原さんが「自分の感染をお知らせすることで陸上競技関係各位を始め、多くの皆さまに感染拡大防止に向けた取り組みの重要性を改めてご認識いただけるのであれば公表したい。また、自らの感染による皆さまへのご迷惑を最小限にとどめたい」と申し出たことにより、例外的に氏名を公表した。

 同社陸上部には東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾や同50キロ競歩代表の鈴木雄介らが所属する。同社は「選手への接触は発症から2週間遡っても確認されず、直接の影響はないと判断している」と説明した。

 塚原さんは陸上男子100メートルで日本選手権を06年から3連覇。末続慎吾、高平慎士、朝原宣治の3選手とつないだ北京五輪の400メートルリレーで第1走者を務め銀メダルを獲得。16年に現役を引退した。

 ◆塚原 直貴(つかはら・なおき)1985年5月10日、長野・岡谷市生まれ。34歳。東海大三高時代の2003年高校総体100、200メートル2冠。日本選手権は東海大3年の06年から100メートルで3年連続優勝。08年富士通に入社。08年北京五輪100メートルで準決勝進出、400メートルリレーで銀メダル獲得。優勝のジャマイカ選手がドーピング再検査で禁止薬物に陽性反応を示し失格、日本は3位から繰り上がった。180センチ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請