タイトル初挑戦へあと2勝!将棋・藤井聡太七段が千日手の指し直し制して棋聖戦決勝トーナメント準決勝へ

大阪・関西将棋会館での第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント準々決勝に勝ち、笑みをこぼす藤井聡太七段
大阪・関西将棋会館での第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント準々決勝に勝ち、笑みをこぼす藤井聡太七段

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が31日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント準々決勝で、千日手による指し直しで、先手の菅井竜也八段(27)を146手で下し、悲願のタイトル初挑戦へあと2勝とした。

 史上初の3年連続勝率8割以上を達成した2019年度は、ラスト対局も劇的だった。午前10時に先手・藤井七段、後手・菅井八段で始まった対局は、同じ局面が4回出て午後6時24分に千日手が成立。劣勢だった菅井八段の申し込みに、持ち時間残り3分だった藤井七段が応じた形となった。

 このため、30分後の午後6時54分から先後を入れ替えて指し直し。持ち時間が約1時間半も少ない状況で再開されたが、藤井七段は“逆転”を許さず。持ち時間残り2分でも冷静に読み切った。藤井七段は「指し直し局は仕掛ける手を見つけることができず、少し不本意な展開になったが、終盤になんとか食いつくことができた」と死闘を制してほっとした表情。

 これまでの最年少タイトル挑戦記録は、屋敷伸之九段(48)が1989年度の棋聖戦に挑んだ17歳10か月。藤井七段が渡辺明棋聖(35)=棋王、王将=への挑戦権を獲得すれば、例年6月上旬に行われる5番勝負第1局の時点では藤井七段も17歳10か月だが、日数の差で更新する可能性が残されている。

 準決勝では、郷田真隆九段(49)と佐藤天彦九段(32)の勝者と対戦する。「次の対局も非常に大事ですが、普段通り落ち着いて指せれば」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請