松田聖子「SWEET MEMORIES」の全編日本語詞あった…6・3発売アルバム収録

4月1日にデビュー40周年を迎える歌手・松田聖子。代表曲の全編日本語詞の楽曲「SWEET MEMORIES〜甘い記憶〜」のジャケット写真
4月1日にデビュー40周年を迎える歌手・松田聖子。代表曲の全編日本語詞の楽曲「SWEET MEMORIES〜甘い記憶〜」のジャケット写真

 4月1日にデビュー40周年を迎える歌手・松田聖子(58)の代表曲「SWEET MEMORIES」(83年、作詞・松本隆氏/作曲・大村雅朗氏)の幻の全編日本語詞が見つかったことが31日、分かった。優雅なアレンジを加えて再レコーディングし、「SWEET MEMORIES~甘い記憶~」として音源化。6月3日発売の40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020」に収録される。

 きっかけはベスト盤「SEIKO MEMORIES~Masaaki Omura Works~」(18年)の制作時に、オリジナル曲のマスターテープのケースから、松本氏自筆による全編日本語の歌詞が見つかったこと。松田が「この歌詞で歌ってみたい」と希望、実現した。

 同曲は「ガラスの林檎」との両A面シングル。ひこねのりお氏の描くペンギンのキャラクター・パピプペンギンズが出演する「サントリーCANビール」のCM曲として当時話題を呼んだ。「Don’t kiss me baby we can never be―」で始まる英語詞は、「キスしたら いけないわ 傷をひとつ増やすだけよ 長い間あなたに 逢(あ)いたくて泣いていたくせに」という日本語詞に変更。心情がストレートに表現され、オリジナルとは異なる魅力の楽曲に生まれ変わった。

 ミュージックビデオ(MV)では、「サントリーCANビール」のCMにオマージュを込めて実写化。松田自ら出演し、MV監督も務めた。松本氏自筆の原稿が映し出され、名曲誕生を楽しめる内容になっている。

◆YouTubeチャンネルをスタート

 〇…聖子は1日にYouTube公式チャンネルをたちあげる。「―~甘い記憶~」のYouTube版、昨年開催の全シングル曲で構成された全国アリーナツアーも楽しめる内容に。40周年記念盤には、テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」(月~金曜・後11時)のエンディングテーマ「La La! 明日に向かって」も収録される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請