ソフトボール・山田恵里主将「“ONETEAM”で挑み続けます」…五輪の1年スライド開催で決意

 東京五輪の開幕が1年スライドし、来年7月23日に決定したことを受け、ソフトボールの女子日本代表主将の山田恵里(日立)が31日、マネジメント会社を通じて「一人ひとりが前向きに準備をしている。目的、目標は変わらないのでそこに向けて“ONETEAM”で挑み続けます」と、チームを代表しコメントを寄せた。

 国内最高峰の日本女子1部リーグは4月末までの全66試合の中止が決まり、リーグ再開は9月5日となった。日本代表では、6月から7月に群馬・高崎で予定されていた強化合宿も見通しが立っていない。宇津木麗華監督(56)もこの日、日本協会を通じて「この決定により少しでも多くの人々に希望と勇気を与えられれば幸いに思います。皆様のご期待に応えられるように、引き続き全力で取り組んで参ります。SOFT JAPANへの変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます」とコメントした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請