カブキ・ウォリアーズが「レッスル・マニア」でWWE女子タッグ王座防衛戦決定

(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEロウが30日(日本時間31日)、米フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで無観客で開催された。

 アスカ&カイリ・セインのWWE女子タッグ王者、カブキ・ウォリアーズが、世界最大のプロレスの祭典「レッスルマニア36」でアレクサ・ブリス&ニッキー・クロスを相手にWWE女子タッグ王座の防衛戦を行うことが決定した。

 王座戦発表後にリングに登場したアスカは「おい! 誰やねん! 今日はお前をボコボコにしたるわ」と対戦相手のケイデン・カーターを挑発すると、ケイデンはこれに応答するように試合でいきなりドロップキックを叩き込んで先制。しかし、本気を出したアスカは「なめんなよ」と息巻いてアンクルロックからのジャーマン・スープレックスでケイデンを投げ飛ばすと、最後はアスカロックで捕まえてタップ勝ちを収めた。快勝したアスカは「おい! アレクサ、ニッキー! お前らワシに勝てると思ってんのか?無理や無理無理。お前らなんて簡単なんじゃ。勝たせてもらいまっせ」と大阪弁全開で、王座戦が決定した因縁のアレクサ&ニッキーを挑発した。

 また、ジ・アンダーテイカーは「レッスルマニア36」のボーンヤード(墓場)戦で対戦するAJスタイルズを挑発。アンダーテイカーは「AJスタイルズはビックマウスだな。妻を侮辱したお前には墓場で償ってもらうぞ」と妻のミッシェル・マクールに暴言を吐いたAJスタイルズを責めると、さらに「仲間のルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンも連れて来い。お前らは痛みと苦しみを感じて眠ることになるだろう」と因縁のAJスタイルズを睨みつけるようにメッセージを送ると鐘の音とともにアンダーテイカーの背後から「AJスタイルズ REST IN PEACE 1977-2020」と刻まれた墓石が映し出された。

 PPV「レッスルマニア36」は日本時間4月5日、6日と2日に渡りWWEネットワークで配信され、J SPORTSオンデマンドでは日本語実況版が4月8日、9日、字幕版が4月12日に配信が開始される。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請