落語芸術協会のA太郎、鯉八、伸衛門の真打ち昇進披露パーティーが中止に…コロナの影響で

4月12日の真打ち昇進披露パーティーが中止となった(左から)瀧川鯉八、昔昔亭A太郎、伸三改め桂伸衛門(2月20日の記者会見で)
4月12日の真打ち昇進披露パーティーが中止となった(左から)瀧川鯉八、昔昔亭A太郎、伸三改め桂伸衛門(2月20日の記者会見で)

 落語芸術協会(春風亭昇太会長)で5月に真打ち昇進する昔昔亭A太郎(41)、瀧川鯉八(39)、伸三改め桂伸衛門(37)の真打ち昇進披露パーティーが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う措置で中止されることが31日、明らかになった。

 4月12日に都内のホテルで約500人を招いて行う予定で2月から準備を進めていたが、感染拡大で寄席も4月12日までの週末の休席を決めており、同時期に大人数が集まる催しは困難と判断。3人の師匠と協会で相談し中止を決めた。

 一生に一度の晴れ舞台が中止となる苦渋の決断だが、鯉八は「せっかくのパーティーで残念ですけれど、みんな大変な時ですから。ピンチをチャンスに変えていきたい」とコメント。伸三は「世界中で(感染が)拡大しているから致し方ありません。自分たちの希望を言っているそういう次元ではないですから。披露興行を無事に行えることを願っています」と話した。日々の落語会なども中止が相次いでいるが、A太郎は「残念ですが仕方がない。この間は稽古やネタ作りをして、また皆さんに笑ってもらえるように頑張りたい」と前を向いた。

 3人は柳亭小痴楽(31)、講談師・神田伯山(36)らと同期11人でユニット「成金」で活躍するなど人気の二ツ目。真打ち昇進披露興行は5月上席・夜の部の新宿末広亭からスタート。浅草演芸ホール(5月中席・昼の部)、池袋演芸場(6月中席・夜の部)、国立演芸場(7月上席・昼の部)などで行われる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請