高山勝成、JBCへ37歳定年延長の嘆願書提出。コロナ自粛による復帰戦延期で

高山勝成
高山勝成

  アマ転向、東京五輪予選挑戦を経て、17日にプロライセンスを再交付された元世界4団体ミニマム級王者・高山勝成(36)=寝屋川石田=が31日、代理人の岡筋泰之弁護士を通じ、国内ボクサーの定年37歳を延長する特例を求める嘆願書を日本ボクシングコミッション(JBC)へ提出した。

 新型コロナウイルスの影響により、30日のJBCと日本プロボクシング協会による連絡協議会で5月15日までの国内興行自粛が決定。高山は発表済みだった5月10日の森青葉(20)=泉北=とのプロ復帰戦が延期を余儀なくされ、同12日の誕生日で37歳を迎える。JBCの規約により、定年37歳を迎えても最終試合から3年以内の選手は、元王者ならば特例で定年延長の対象となる。だが、高山の場合は最終試合が2016年8月と3年半以上が経過しており、37歳となるまでに1試合を消化しなければ、現行のルールでは定年延長の対象とならないため、救済措置を求めている。

 高山はこの日、報道各社へ「ボクサーとして、日々練習を積み重ねてきました。再びリングに立てる日がくることを信じ、これからも練習を続けていきます」とのコメントを発表。コロナ自粛にめげず、粘り強くプロのリング復帰の時を待つ。

 

 ◆高山 勝成(たかやま・かつなり)1983年5月12日、大阪市生まれ。36歳。中学2年からボクシングを始め、高校には進まず2000年10月、17歳でプロデビュー。05年4月、21歳でWBC世界ミニマム級王座奪取。以後WBA暫定、IBF、WBO同級王座を順に獲得し、日本人初の世界4団体王座制覇。14年春に30歳で愛知・菊華高へ進学。卒業した17年春、名古屋産大入学と同時にプロ引退とアマ転向を表明。18年10月、アマ選手登録。19年夏、全日本選手権・愛知県選考会で優勝も、同・東海ブロック予選で敗退し、東京五輪出場が消滅。20年3月17日、プロライセンスを再取得。通算成績はプロ31勝(12KO)8敗1無効試合、アマ2勝1敗。身長158センチ、右ボクサーファイター。家族は両親、兄、弟。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請