【オリックス】あす4月1日から5日まで自主練習に変更 森川球団本部長「感染予防策を強化」

投手陣を集め話をするオリックス・西村徳文監督(中)
投手陣を集め話をするオリックス・西村徳文監督(中)

 オリックスは31日、4月1日の全体練習の予定を変更して、5日までを自主練習にすると発表した。森川秀樹球団本部長は「どこでどんな形で感染に至るか分からないので、予防策を強化して講じたい」と説明した。

 この日、チームは京セラドームで全体練習を実施。その練習開始前に外野のセンター付近に選手、首脳陣、スタッフら全員を集めて、今後の予定変更について説明が行われた。当初は4月1日もドームでの全体練習を予定していたが、5日までを大阪・舞洲の球団施設1か所に限定した自主練習に変更。監督やコーチ陣も含めて家族の罹患(りかん)状況や、各自の判断で休養を取るなどの対応を推奨した。球団スタッフも必要最小限の人員に抑えて、報道陣にも取材自粛要請が出された。

 チーム内には現段階で体調不良を訴えるものはいないが、同じ関西球団の阪神に加えてサッカー・J1の神戸でも感染者が出たことや、他の球団でも活動一時休止したことなどを考慮した。森川球団本部長は「国内の感染拡大の状況などを踏まえました。このタイミングで感染者を絶対に出してはいけない、と強い思いがあります。関西に関しては(感染の)不安が高まってきた状況もあるし、他球団の対応なども踏まえての独自判断です」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請