プロ野球1軍開幕の可否、来月3日判断へ…5月に再延期か

東京ドーム
東京ドーム

 イースタン、ウエスタン両リーグは30日、新型コロナウイルス感染予防のため、31日から4月6日までに予定されていた練習試合を全て中止にすると発表した。イースタンは都内を中心に感染者が急増している現状を考慮、ウエスタンは阪神から3人の感染者が出た事実も含めての決定。ファームは1軍の開幕まで、当初の公式戦日程で無観客の練習試合を行っていた。

 また、1軍は公式戦開幕日を4月24日に設定しているが、可否判断は4月3日となる可能性が高まった。2日の政府専門家会議、3日の「新型コロナウイルス対策連絡会議」の見解を踏まえ、同日の12球団代表者会議で判断するとみられる。日本野球機構(NPB)の井原事務局長は「2日の政府専門家会議の感染状況の評価、分析、見解を受けて、考えなければいけないことは考えていく」と説明した。

 都内を中心に感染拡大が止まらず、3選手の感染が判明した阪神の活動再開は9日以降の見通しとなるなど、「4・24」の開幕は厳しい状況。すでに5月開幕の日程案が作成されており、開幕が再延期となる想定がされている。また井原事務局長は、来年7月23日に開幕することが決まった東京五輪の大会期間中に公式戦を中断するかについて「オーナー会議で決めさせていただく。また新たに判断を仰ぐ」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請