【中日】阪神・伊藤隼太が使用したナゴヤ球場を入念消毒…平田良介は平熱に戻った

 中日は30日、ナゴヤ球場の消毒作業を行った。新型コロナウイルスに感染した阪神・伊藤隼太が同球場で22日まで行われた2軍戦に出場。感染拡大を防止するため、朝7時から1時間、防護服を着た3人の作業員がベンチやロッカー室などを入念に消毒した。隣接する選手寮の共有部分も同じ作業を行い、今後チームが球場の施設を使用した際、その都度消毒することになった。

 予定通り31日からは1、2軍とも3日ぶりに練習を再開する。阪神、ソフトバンクなどが活動の一時休止を決めたが加藤代表は「(愛知県からは)外出の自粛要請も出ていない」と説明。発熱で27日から2日間練習を欠席していた平田良介外野手(32)も、28日以降平熱に戻っており、31日朝の検温で問題がなければ1軍に合流する。伊藤隼と接触があった2選手は、30日時点で体の異変は訴えていないが、引き続き自宅待機となる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請