寄席、4月12日までの週末4日間の休演を決定 落語協会では真打ち昇進披露興行中

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、落語の定席である上野・鈴本演芸場、新宿末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場の4寄席が4月12日までの週末を休演することを決めた。4月4、5、11、12日の4日間となる。

 30日に都内で4寄席の席亭、落語協会、落語芸術協会が協議して決定したもの。既に3月28、29日は東京都の外出自粛要請を受けて休演していた。

 定席はほぼ年中無休で公演を行っており、東日本大震災の時も休まず営業してきた。

 落語協会では真打ちに昇進した5人、たん丈改め三遊亭丈助(58)、春風亭一左(41)、歌太郎改め三遊亭志う歌(37)、柳亭市楽改め6代目・玉屋柳勢(38)、三遊亭歌扇(48)の昇進披露興行の最中。3月の鈴本演芸場の2日を含め、定席40日のうち6日間が休演となった。

 国立演芸場は3月1日から主催公演を休演しており4月12日までの休演を決めている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請