TBS「ひるおび!」平均視聴率で9年連続の同時間帯トップ「今後も不確実性を増すであろう世の中と真摯に向き合い…良質な放送を」

スポーツ報知
「ひるおび!」に出演する(左から)八代英輝、恵俊彰、江藤愛TBSアナウンサー(C)TBS

 TBS系の昼の情報番組「ひるおび!」が、午前の部(前11時~11時55分)と午後の部(前11時55分~後1時55分)をあわせた全体で、2019年度(2019年4月1日~2020年3月27日)の平均視聴率5・9%を記録し、2011年度以来9年連続で同時間帯のトップとなったことが30日、分かった。

 午後の部では平均視聴率6・5%を獲得し、2012年度以来8年連続で同時間帯トップとなった。

 寺沢俊哉プロデューサーは「新型コロナウイルスの感染が拡大するなど社会の不安が増す中で、番組を信頼してご覧いただいた結果、同時間帯トップで年度を終えることができました。日頃、番組を支えてくださっている視聴者の皆様に対し、心から御礼申し上げます」と感謝。

 「今後も不確実性を増すであろう世の中と真摯に向き合い、どのような状況にあっても信頼を得るに足る、良質な放送をお届けするべく制作スタッフ一同、努力を続けて参ります」と意気込みを示した。

 同番組は、お笑いコンビ「ホンジャマカ」の恵俊彰と同局の江藤愛アナウンサーがMCを務め、09年に放送を開始した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×