志村けんさん死去 酒、女、たばこ、病気…波乱の70年 「東村山音頭」「アイーン」数多くのギャグ生み出したドリフの末っ子

亡くなった志村けんさん
亡くなった志村けんさん
「バカ殿」のふん装でアイーンポーズをとる志村けんさん(前列中央)で意気込みを語った(前列左から)池田夏希、磯山さやか、1人おいて大場久美子、麻美ゆま、(後列左から)寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵、桑野信義
「バカ殿」のふん装でアイーンポーズをとる志村けんさん(前列中央)で意気込みを語った(前列左から)池田夏希、磯山さやか、1人おいて大場久美子、麻美ゆま、(後列左から)寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵、桑野信義

 ザ・ドリフターズの志村けん(本名・志村康徳)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため、入院先の都内の病院で亡くなった。70歳だった。所属事務所が明らかにした。新型コロナウイルスに感染し20日から入院し、人工心肺による治療を続けていたが、29日未明に容体が悪化した。

 新型コロナで混乱に陥る列島にさらなる衝撃が走った。昭和、平成、令和にかけてお茶の間に笑顔と元気を届けたドリフの末っ子が、静かに息を引き取った。

 志村さんは17日に倦怠(けんたい)感があったため自宅療養。その後、発熱やせきの症状が出始め、19日には呼吸困難となった。翌20日に自宅を訪問した医師の判断で都内の病院に搬送され、重度の肺炎で入院した。新型コロナウイルス検査で陽性が判明した23日に病状が悪化。25日に港区から新宿区の病院に転院し、人工心肺による治療を続けていた。

 高校卒業直前の1968年にザ・ドリフターズのいかりや長介さん(享年72)に弟子入り。付け人を務めていたが、74年4月に脱退する荒井注さん(享年71)と入れ替わりにメンバーに昇格した。最高視聴率50・5%をマークし、「お化け番組」と呼ばれたTBS系「8時だヨ!全員集合」で歌った「東村山音頭」が大受け。79年には加藤茶との「ヒゲダンス」が大ヒットし、ドリフの看板になった。

 90年代後半には何度となく「死亡説」が流されるなど、予期せぬところで話題を振りまいたが、本業のお笑いでは、「バカ殿」や「変なおじさん」に扮(ふん)し、「アイーン!」のギャグなどで長きに渡って第一人者として活躍した。

 女性共演者と浮き名を流す一方で独身を貫いた。ヘビースモーカーで知られていたが2016年には肺炎で入院し、以後はたばこをやめた。20年1月には胃のポリープ除去手術を受けるなど、満身創痍だった。

 2004年に亡くなったいかりやさんの告別式で「いかりやさんの笑いを微力ながら継承していきたい」と約束した通り、最近もフジテレビ系「志村でナイト」や、日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」のレギュラーを持ち、第一線で活躍していた。

亡くなった志村けんさん
「バカ殿」のふん装でアイーンポーズをとる志村けんさん(前列中央)で意気込みを語った(前列左から)池田夏希、磯山さやか、1人おいて大場久美子、麻美ゆま、(後列左から)寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵、桑野信義
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請