【楽天】牧田和久、メジャー学んだやる時スイッチ「オンオフ」はっきり

室内練習場でキャッチボールする牧田
室内練習場でキャッチボールする牧田

 楽天・牧田和久投手(35)が29日、楽天生命パークで全体練習に参加し、米国流の「オンとオフ」を開幕延期期間と新型コロナウイルス対策で重要視する考えを示した。昨年まで2年間、米国で経験を積んだ右腕は「オンオフをはっきりする。そこさえしっかりしておけばけがにもならないと思います」と説いた。

 調整のメリハリが大事となる中、外国人選手の行動が参考になったという。「普段はふざけて遊んでいるように見えるけど、やる時はスイッチが入る。いい意味でヒントになるものがある」。チームは外出禁止中だが、自宅ではリラックスの時間に充てながら、加湿器を置いて感染対策も行っている。

 この日はブルペンで81球を投じたサブマリン右腕。「開幕が延期していることがプラスに捉えられるように。マイナスになると絶対モチベーションも緊張感も抜けてしまう」と気を引き締め直した。(田中 哲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請