プロレスリング・ノア、相次ぐ興行中止で新たなビジネスモデルを模索…「映像ビジネス的に新しいビジネスを作っていくしかない。チャンスと思ってやるしかない」…3・29GHC4大選手権全成績

後楽園ホールで無観客試合を行ったプロレスリング・ノア
後楽園ホールで無観客試合を行ったプロレスリング・ノア

プロレスリング・ノア「NOAH the CHRONICLE vol.2」(29日・後楽園ホール)=無観客

 プロレスリング・ノアは新型コロナウイルス感染症の拡大防止で東京都がイベント自粛を要請したことを受け29日、後楽園ホール大会を無観客試合で開催した。

 GHCヘビー級選手権などGHC4大選手権が行われた今大会。4大選手権は当初、3月8日の横浜文化体育館大会で開催する予定だったが、大会が中止となり後楽園での開催が決定したが、東京都の小池百合子知事のイベント開催自粛要請を受け無観客で行うことになった。

 試合は「FIGHTING TV サムライ」と動画チャンネル「DDT UNIVERSE」で生中継した。会場は、リングサイドのパイプ椅子の客席を撤去し放送席、記者席を南側リングサイドに用意した。場内のスクリーンは、通常の興行と同じように設置され、試合前には選手の紹介VTRを流し、入場時には各選手のテーマソング、試合後には勝者のテーマ曲を鳴らすなど演出は普段と変わらない態勢で第1試合のGHCジュニアタッグ選手からメインイベントのGHCヘビー級選手権まで約3時間の無観客試合を実施した。

 武田有弘執行役員は全4試合の内容について「素晴らしかったと思います。お客さんが会場にいるか、画面越しにいるかの違いはありましたけど、これぞノアというみんなを元気づける試合ができたと思います」と話し、今回の動画の視聴者数も「かなりの数の視聴があったと思います」と手応えを明かしていた。

 ノアは、2月24日の名古屋国際会議場大会を最後に興行を中止していたが、今月21日の群馬・YAMADAグリーンドム前橋大会から興行を再開。だが27日の横浜ラジアントホール大会は中止など政府、自治体の方針を受け、その都度、対応に苦慮している。

 今後の興行実施について、武田氏はすべては政府、さらには東京都など各自治体の方針次第になるとし「随時、臨機応変に対応していくしかない。中止にするなら、早めに早めに決めていきたい」と話した。一方で東京都が外出自粛などの要請を4月12日ごろまで呼びかける方針を固めたことを受け、観客を入れた通常開催は「現状、12日までできない可能性が高い」と明かした。

 今後は、4月4日のエディオンアリーナ大阪第2競技場で開幕する新シリーズ「GLOBAL TAG LEAGUE2020」を予定しているが、リーグ戦の開催形式を現在、検討中とし、無観客試合については「後楽園ホール規模の無観客は最初で最後になる可能性が高いです」と語った上で「スタジオマッチとかテレビマッチで開催する方向で考えています」と話した。

 相次ぐ興行中止で経営的には「相当厳しいです。中止にしても、プラスマイナスはゼロではないですから。キャンセル料、ポスターデザイン印刷、プロモーション料…」と明かし「これを機に映像ビジネス的に新しいビジネスを作っていくしかない。チャンスと思ってやるしかない。どこの団体も厳しいと思います」と見据えていた。

 3・29後楽園大会の全成績は以下の通り。

 ▼GHCヘビー級選手権60分1本勝負

〇王者・潮崎豪(57分47秒、豪腕ラリアット→体固め)挑戦者・藤田和之●

 ▼GHCジュニアヘビー級選手権60分1本勝負

〇王者・小川良成(26分39秒、フットスタンプを切り返し→エビ固め)挑戦者・原田大輔●

 

 ▼GHCナショナル選手権60分1本勝負

〇王者・杉浦貴(14分35秒、アンクルホールド)挑戦者・田中稔●

 

 ▼GHCジュニアタッグ選手権60分1本勝負

挑戦者組・〇HAYATA、YO―HEY(22分34秒、ヘデック→片エビ固め)王者組・鈴木鼓太郎、小峠篤司●

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請