同僚7人感染のサンプドリアDF吉田麻也が日本に警鐘「初期の段階でみんなが油断していた」

吉田麻也
吉田麻也

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なイタリアでプレーする日本代表主将のDF吉田麻也(31)=サンプドリア=が28日、自身のインスタグラムを更新。「極力、必要時以外は自宅に待機されることが一番。感染の拡大を食い止めるのは僕たち1人ひとりの意思」と日本に住むファン・サポーターに外出を控えるよう呼び掛けた。

 欧州で感染が一気に広まる様子を目の当たりにした吉田。所属のサンプドリアでは7選手の陽性反応が確認されており、クラブは事実上の休止状態。トレーニングすら行えず、自宅待機を強いられている。吉田は「イタリアにいて思うのは、初期の段階でみんなが油断していたのではないかと。中国で起こっていることだとか、アジアの問題だと捉えていて日常生活を送っていたことで、一気に感染が拡大してしまったと思っている。日本の皆さんも、もしかしたら心のどこかで、頭の片隅で、欧州で広がっていることだと思う方もいらっしゃると思いますが、感染は一気に広がります。極力、必要時以外は自宅に待機されることが一番だと思っています。感染拡大を食い止めるのは僕たち1人ひとりの意思。みんなで協力してこの危機を乗り越えましょう。ステイ・ホーム!」と語りかけた。

 イタリアでは世界で最も多くの感染者が出ており、28日までに死者が1万人を超えている。

吉田麻也
すべての写真を見る 1枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請