【巨人】ディプラン、2失点粘投!31日に支配下決断

力投する先発のディプラン
力投する先発のディプラン

◆巨人練習内紅白戦 2軍5―4 3軍(28日、G球場)

 背番号2ケタ奪取へ、ディプランは持ち味の剛速球を軸に試合を組み立てた。7安打を浴びながらも5回2失点と粘投し「これまでで一番調子は良かった」と振り返った。大崩れすることなく、粘りの投球を見せ「小山がツーシーム、チェンジアップとうまく組み立ててくれて、自分の良さを引き出してくれた」と動く直球や緩急でバットの芯を外し、要所を締めた。

 ドミニカ共和国出身の1年目右腕。規定により、26歳以上の外国人選手は育成契約初年度の支配下登録期限が3月末となる。原監督は「外国人枠というのもあるし、70人枠ぎりぎりというところもある。どういうふうになるかはまだ分かりません」と話した。31日には2軍ヤクルト戦(G球場)が行われる予定だが、そこでは登板せず、今日までの投球で判断が下される。

 指揮官は「とても良かったら即答になるってことで理解してくれた方が」とも話し、物足りなさもにじませた。期日の31日に再度首脳陣で話し合い、決断する。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請