【G大阪】アデミウソン「話し相手がいないさみしさや、不安」…コロナでJ助っ人が抱える不安・葛藤

アデミウソン
アデミウソン

 新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるう中、Jリーグは延期が続く。5月9日再開を目指すJ1には19か国95人の外国人選手が所属。現状、選手の感染者は報告されておらず、不安や葛藤を抱えながらも秩序ある環境下でトレーニングを続けている。“助っ人外国人”たちに聞いた、Jリーグ、そして日本とは―。

 日本で暮らす外国人選手は、単身で来日している選手も多い。独身のG大阪FWアデミウソン(ブラジル)は「僕たちが感じているつらさは、より状況がひどい他の国とはレベルが違う」と前置きしながらも「毎年、この時期はブラジルから家族を呼んで過ごしているが、こういう状況なので見送っています。家の中で話し相手がいないさみしさや、不安はあります。でも生活はできている。自分たちのことだけを考えるのはよくないので」。既婚者は家族で来日し、支え合っている場合も多いが、ブラジルなど日本以上に家族のつながりを大切にする選手にとって、孤独は大きなストレスになっている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請