森崎ウィン、生配信で「感謝の気持ち画面越しから」…PRIZMAX無観客解散ライブ完全燃焼

解散ライブを行った「PRIZMAX」の森崎ウィン(左から2人目)
解散ライブを行った「PRIZMAX」の森崎ウィン(左から2人目)
(左から)森英寿、小川史記、森崎、清水大樹、ケビン、島田翼
(左から)森英寿、小川史記、森崎、清水大樹、ケビン、島田翼

 6人組ダンス&ボーカルユニット「PRIZMAX(プリズマックス)」がデビュー記念日の27日、東京・よみうりランド内の日テレらんらんホールで無観客の解散ライブを行った。

 チケットは即日完売だったが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、無観客での開催に変更。ニコニコ生放送で生配信された。

 13年のこの日にデビューから丸7年。リーダーの清水大樹(28)は「大事な日にホリック(ファンの呼称)を呼べなくて、つらくて悲しい…」と無念さをあらわに。「皆さん(の心)に届けるライブをするので受け止めてください」と誓った。

 俳優としても人気の森崎ウィン(29)は「みんなで決めたことだけど、寂しい気持ちはある。感謝の気持ちを画面越しから届けたい」。島田翼(23)は「正直言うと、コロナのバカ野郎!という気持ち。不可抗力ですから…。勝てない。ライブを超える映像コンテンツとして届けていくのが使命」と前を向き、約1時間半、「Three Things」「Gradually」などメドレーを含む17曲で完全燃焼した。今後は個々に活動を行う。

解散ライブを行った「PRIZMAX」の森崎ウィン(左から2人目)
(左から)森英寿、小川史記、森崎、清水大樹、ケビン、島田翼
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請