漫画家小林よしのり氏が市川由紀乃とFLASHで初対談「歌ってる時の顔が妙に色っぽいんだ」

「週刊FLASH」1月14日発売号掲載「よしりん辻説法」説法37「演歌は世につれ 世は歌につれ」より抜粋(C)小林よしのり
「週刊FLASH」1月14日発売号掲載「よしりん辻説法」説法37「演歌は世につれ 世は歌につれ」より抜粋(C)小林よしのり
市川由紀乃
市川由紀乃

 演歌歌手の市川由紀乃(44)が、「ゴーマニズム宣言」などで知られる漫画家・小林よしのり氏(66)と初対談を行ったことが27日、分かった。対談の模様は31日に発売の写真週刊誌「FLASH」で掲載される。

 小林氏は以前から市川の大ファンで、今年1月14日発売号掲載の漫画「よしりん辻説法」では「歌ってるときの顔が妙に色っぽい」と絶賛。これを読んだ市川が、小林氏に直筆のお礼状を送ったことがきっかけで、今回の対談が実現した。

 対談では、2019年12月に第61回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞し、「次世代の演歌の担い手」と小林が絶賛する市川の歌唱力や、CD化されていない楽曲、4月8日発売の「なごり歌」に関するトークが、漫画も交えつつ繰り広げられている。

「週刊FLASH」1月14日発売号掲載「よしりん辻説法」説法37「演歌は世につれ 世は歌につれ」より抜粋(C)小林よしのり
市川由紀乃
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請