【王手報知】現役東大院生ルーキー・谷合新四段誕生「エンジニアと棋士の両立が理想」

昇段を決めた後、健闘を誓い合う谷合廣紀新四段(右)と服部慎一郎新四段
昇段を決めた後、健闘を誓い合う谷合廣紀新四段(右)と服部慎一郎新四段

 将棋の棋士養成機関「奨励会」第66回三段リーグ最終節が7日に行われ、服部慎一郎三段(20)と谷合廣紀三段(26)が通算成績14勝4敗で1・2位となり、4月1日付で四段に昇段する。26歳の年齢制限を迎えたリーグで棋士になる夢を実現させた谷合は、東大大学院情報理工学系研究科電子情報学博士後期課程1年に在籍する研究者でもある。異色のルーキーが見つめる夢とは。

 青春の全てを懸けた夢を死線上でかなえたにもかかわらず、谷合は朗らかな表情を貫いている。「最終節もいつもと変わらない気持ちで臨みました。意識しすぎると手が伸びなくなる(消極的になる)ので」

 奨励会入会から13年。三段リーグに参加して8年17期。年齢制限となる26歳の誕生日を1月に迎え、負け越せば強制的に退会となるラストチャンスだった。「最後の2年くらいは苦しい思いもして…で、1勝3敗スタートですからね(笑い)。26歳の誕生日も『ついに来てしまったか…』とは思いましたけど、あまり考えないように」

 勝ち越しを続ければ満29歳までリーグには参加できるが、今期を区切りにする考えも浮かんでいた。「29歳まで指してダメなら何もかも中途半端になると思って、学業に集中した方がいいかも、と考えてました」

 揺れ動く思いの中で過ごした日々。昇段の目が生じて、初めて強い意識が生まれた。「勝ち星が重なって、残り全局勝てば上がれる(昇段できる)状況になると逆に寝られなくなるんです。最終日も午前3時まで眠れませんでした」。前節で3位以内を確定させ「次点2回」の昇段条件を満たしていたが、最終節で14勝目を挙げて2位に入った。

 18歳で三段になった時は高校3年。東大を目指し、受験勉強の真っ最中だった。「1日10時間くらいは勉強して。例会(奨励会の対局)の日は『今日は勉強しなくていい』ってうれしかったです。ただ指したい将棋を指してましたから」

 東大理1に現役合格。三段リーグでも好成績を何度も残したが、昇段には至らず。四段への登竜門は、赤門をはるかに超える難関だった。「ダメなら一から出直しですからね…。同じ相手に同じ将棋は通用しなくなるので大変なんです」

 将棋に専念する選択肢もあったが、谷合は違う夢を同時に追った。「プログラミングに興味があって。今は自動運転のプログラミングを手掛けていて、修士論文のテーマは居眠り運転の検知です。博士論文は国際会議で世界の人に見てもらいます」。現在は自動運転技術のベンチャー企業ティアフォーにパートタイムエンジニアとして参加している。「エンジニアと棋士を両立していくのが理想です」

 いよいよ棋士として歩み始める谷合の学年は黄金世代とも呼ばれる。高見泰地七段、斎藤慎太郎七段ら既にタイトル獲得を経験した棋士もいる。「正直、自分がタイトルを取るのは現実的とは思えないですけど、彼らと指すならもちろん勝つつもりで指しますよ」

 現代将棋はAIを活用した事前研究が欠かせないが、研究者の興味は「独創」に向いている。「事前研究の勝負ではなく、自分らしい将棋を指したいです。いつか『谷合流』と呼ばれるような指し方を創り出せたら」。盤上、そして盤外で。新しい英知が将棋界に加わる。(北野 新太)

 ◆服部新四段の日課はランニング「大迫選手に刺激受け」

 同期昇段となる服部新四段は、会見で「定跡にとらわれない将棋を指したい。タイトルホルダーになるのが夢です」と語った。趣味はマラソンで、日課は毎朝6時に起床した後の5キロのランニング。観戦するのも好きとのことで「大迫傑選手の走りには刺激を受けました」。お笑いファンでもあり、イチ推しコンビは「NON STYLE」。盤上でノンスタイルな将棋を志向するだけに共鳴する部分があるようだ。

 ◆三段リーグ 奨励会の最高段位である三段(通常30数人)が半年間にわたって各18戦を戦い、上位2人が四段(棋士)に昇段する。2度の次点(3位)獲得者も昇段の権利を得るが、順位戦参加資格のないフリークラスからのスタートになる。同星で並んだ場合は前期成績が反映される「順位」の上位者が上位となる。今期、女性初の棋士を目指す西山朋佳三段(24)も14勝4敗で服部と谷合に並んだが「順位」で及ばず次点だった。

 ◆谷合 廣紀(たにあい・ひろき)1994年1月6日、東京都中央区生まれ。26歳。中座真七段門下。祖父に教わり、6歳で将棋を始める。2006年9月、奨励会入会。11年10月、三段昇段。振り飛車党。研究者としての著書に「Pythonで理解する統計解析の基礎」(監修・辻真吾氏)がある。将棋と同時期に始めたピアノはショパンやドビュッシーを弾きこなす腕前を誇る。酒と麻雀も好き。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請