【日本ハム】上沢直之が打撃投手で30球 左膝骨折から復活へ「意外に投げられた」 栗山監督も感慨深げ

 左膝蓋(しつがい)骨骨折からの復活を目指す、日本ハムの上沢直之投手(26)が27日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで負傷後初の打撃投手を務めた。

 清水、難波、万波に対してカーブ、スライダー、シュートを交えて30球。最速は140キロを記録した。昨年6月18日のDeNA戦(横浜)で打球を左膝に受けて骨折。打者に対して投じるのは約9か月ぶりだったが、「意外に投げられたかなというのはありました。でも、まだ球が上ずったりするところもあるし、まだまだ数をこなしていかないといけないかなという感じはします」と冷静に投球内容を振り返った。

 ネット裏から見守った栗山監督は「あまりいいニュースがない中で、久しぶりに心が震えるというか感動しました。『ここからなんだ』とナオ(上沢)にも伝えたんだけど、ここまで本当に苦しかったと思う。あの大きなケガから本当によく頑張った」と感慨深げ。上沢も「元気な姿を見せられて良かったかなと」とうれしそうだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請