三山ひろし、自宅待機の子ども向けに「けん玉動画」公開 聖火ランナー延期も前向き

自宅待機中の子どもたちに向けたけん玉動画を収録した三山ひろし
自宅待機中の子どもたちに向けたけん玉動画を収録した三山ひろし

 けん玉4段の腕前を持つ演歌歌手・三山ひろし(39)が27日、都内でyoutube動画「三山ひろし 春休みけん玉教室~本日の宿題は?~」の公開収録を行った。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛要請を受け、自宅待機中の子どもたちに向けて「どじょうすくい」「竹とんぼ」などの難易度の高くないけん玉技を1日1つ視聴者に紹介していく内容。2級指導員の資格も持つ三山は「お子様向けということで、バラエティー色強く、いかに楽しむかを重視しました。動画は『ヒロシ120%』でやっています。けん玉は運動不足解消にもなるし、近所迷惑にもならない。家族で楽しんでほしい」と呼びかけた。

 三山自身も、新曲のキャンペーンやコンサートが軒並み延期に。ここ最近は「毎日家でプラモデルを作ったり、5段昇段のための練習をしています」と自宅待機の日々を送っているが「普段は家族と一緒にいる時間を取れることがないので、前向きに考えるしかない」と語った。

 また三山は、東京五輪の聖火ランナーとして故郷である高知の南国市を走る予定だった。大会の延期に伴い聖火リレーも中止となったが「トーチの重さを実際に手に持って、200メートル走る練習などをしていたんですが…。でもお楽しみは後にとっておこうととらえています」と述べた。

 けん玉動画はyoutubeチャンネル「MAO.Yチャンネル」で29日正午から5日間連続で配信する。「三山ひろしチャレンジ」とハッシュタグをつけたけん玉挑戦動画の中から、三山がセレクトした優秀動画には三山公式のけん玉グッズがプレゼントされる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請