宝塚音楽学校が第108期生40人の合格をネットのみで発表 競争倍率は21・3倍

兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校合格発表がネット上のみで行われ、本来はパネル掲示する会場の音楽学校校舎裏には車が止められていた
兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校合格発表がネット上のみで行われ、本来はパネル掲示する会場の音楽学校校舎裏には車が止められていた

 宝塚歌劇の舞台に立つタカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市、小林公一校長)の第108期生の合格者40人が27日、発表された。

 合格発表は、新型コロナウイルス感染拡大防止に考慮して、同校の公式ホームページ上のみで行われた。本来は校舎裏の敷地で合格者の受験番号がパネルで掲示されるが、今年の受験者はスマートフォンなどで番号を照合し、合否を確認した。

 4県を除く43都道府県と海外から計852人が受験し、競争倍率は21・3倍。「東の東大、西の宝塚」といわれる狭き門を15~18歳の選ばれし40人が突破した。姉に花組の第102期生・鈴美梛(すずみな)なつ紀がいる、広島出身の岡原ゆづきさんも合格した。

 合格者は今後2年間、歌、ダンス、演技、日本舞踊などタカラジェンヌの基礎を学び、2022年春の初舞台を目指す。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請