【阪神】藤浪晋太郎、新型コロナ陽性…数日前から嗅覚異常訴え…チームメートも味覚不全訴える

防護服を着用した作業員が球団施設を消毒する(カメラ・岩崎 龍一)
防護服を着用した作業員が球団施設を消毒する(カメラ・岩崎 龍一)

 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性反応が出たことが26日、分かった。NPB球団が選手のPCR検査受診を公表したのは初で、陽性反応の判明も初めて。藤浪は数日前から嗅覚の異常を訴え、兵庫県内の病院で複数回受診。海外では味覚、嗅覚障害が感染症状として伝えられており、医師の判断で同検査を受けた。藤浪と食事を共にしたチームメートも味覚の不全を訴えたため、兵庫・鳴尾浜で予定されていた2軍の練習試合は急きょ中止に。球団は4月1日までの活動休止を決め、球団事務所、クラブハウスが閉鎖される非常事態となった。

 球界に激震が走った。藤浪がこの日、大阪府内の病院でPCR検査を受け、夜に陽性の診断結果を受けた。発熱やせき、けん怠感などの症状もなく、自ら愛車のハンドルを握って病院に向かったが、国内プロ野球選手では初の感染発覚となった。

 球団によると、藤浪はワインやコーヒーのにおいを感じない異常を訴え、24、25日と兵庫県内の耳鼻科や内科で診察を受けていた。当初は花粉症とみられたが、球団はチームドクターと相談する中で、コロナウイルスの症状として嗅覚、味覚に不全が出る情報をキャッチ。感染の疑いが出たことにより、25日夜から本格的な対策に乗り出していた。

  • 11日以降の阪神・藤浪の動き

    11日以降の阪神・藤浪の動き

 球団関係者は藤浪に対し、過去2週間の行動をヒアリング。その結果、当該期間に藤浪と食事をともにした選手2人もこの日までに味覚障害の症状を訴えたため、2軍の練習試合のソフトバンク戦(鳴尾浜)の中止を決めた。谷本本部長は「2人出たんで、これはちょっと大変なことになりかねない」と話しており、今後は球団全体でPCR検査を受ける可能性もある。

 藤浪の検査結果が出る前から球団は業者に依頼し、午前中から甲子園のクラブハウス、2軍本拠地・鳴尾浜球場の消毒作業を徹底。12日には12球団で、選手に陽性が判明した場合でも予定通りに練習試合を行うと取り決めていたが、阪神はそれを上回る措置を取った。

 チームの全選手、スタッフ、球団職員に対しても、球団は4月1日まで最低1週間の自宅待機を命じた。藤浪は17年1月に合宿所「虎風荘」を退寮しているが、現在居住する若手選手もホテルに移動。この日、4月5日までの2軍練習試合3カード9試合も中止を決めたが、陽性反応が出たことにより、さらに中止期間は延びそうだ。

  • 陽性反応が出た主な著名人

    陽性反応が出た主な著名人

 谷本本部長は「球団のためというより、地域のためにもクラスター爆発しないように慎重に対応したい。開幕前の大事な時期なので、他球団に迷惑をかけてもいけない」と感染予防を徹底する構えだったが、すでにウイルスが拡散した恐れもある。藤浪らナインはこれまでのオープン戦や練習試合で他球団の選手、関係者と接触している。さらに複数球団にまたがって取材する報道陣も存在し、感染経路は複雑化している可能性がある。

 NPBは23日の12球団代表者会議で、公式戦の開幕日を4月24日に設定した。観客動員数制限などの対策を立てているが、選手に感染者が出たことで、開幕日の再考を迫られることが予想される。143試合の実施を諦めていない日本プロ野球界だが、かつてない試練を迎えた。

 ◆藤浪 晋太郎(ふじなみ・しんたろう)1994年4月12日、大阪・堺市生まれ。25歳。大阪桐蔭高では3年時に甲子園春夏連覇。4球団競合の末、12年ドラフト1位で阪神入団し、翌13年、高卒新人ではセ・リーグ46年ぶりの2ケタ勝利を挙げる。15年に最多奪三振。昨季は7年目で自身初の未勝利に終わった。通算成績は128試合で50勝40敗、防御率3.25。197センチ、100キロ。右投右打。年俸6300万円。独身。

防護服を着用した作業員が球団施設を消毒する(カメラ・岩崎 龍一)
11日以降の阪神・藤浪の動き
陽性反応が出た主な著名人
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請