パイロット志望のドラ1級右腕…早大・柴田迅が5回5安打無失点

5回を投げ無失点に抑えた早大・柴田
5回を投げ無失点に抑えた早大・柴田

 東京六大学リーグの早大は26日、東京・東伏見の安部球場で横浜商大とオープン戦を行い、149キロ右腕・柴田迅(4年=早大学院)が5回を5安打無失点と好投。希望進路がパイロットかプロ野球という異色の男が、ドラフト候補に名乗りを上げた。

 普段はクローザーを務めるが、この日は久々の先発マウンドへ。元ロッテ投手の小宮山悟監督(54)が「ドラフト1位級」と絶賛する直球が走らず、毎回のように走者を背負ったが「先発は試合をつくる必要がある。真っすぐを見せ球にして、カットボールを効果的に使えました」。2回無死一塁で投ゴロ併殺に打ち取るなど、ホームを踏ませなかった。

 この日は5球団のスカウトが視察も、柴田はパイロットの父の影響もあって現在、航空会社の採用試験が3次選考まで進んでいる。「プロは野球選手として目指すべき夢ですけど、パイロットも小さい頃からの憧れ。春のリーグ戦が終わる頃には、納得した状態で人生の選択ができるようにしたいです」と悩める胸中を明かした。(片岡 泰彦)

 ◆柴田 迅(しばた・じん)1998年6月2日、千葉・浦安市生まれ。21歳。小3から野球を始める。早大学院では2年秋からエースで、3年夏の西東京大会8強が最高成績。大学では2年春からベンチ入り。リーグ戦通算23登板で2勝1敗、防御率1・93。177センチ、77キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請