来季J2自動降格「4」に大多数のクラブが反対、Jリーグ「3・5」を検討

Jリーグ・村井満チェアマン
Jリーグ・村井満チェアマン

 Jクラブの大多数が来季のJ2降格クラブ数「4」に反対し、Jリーグが「3・5」に減らす検討を始めたことが26日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大を受け、Jリーグは最低でも2か月以上という中断に入っている。日程、会場で公平性が担保できないことから、村井満チェアマンは今季はJ2、3への降格なしを発表していた。リーグ側は元のチーム数に戻すため、21年シーズンは4チームの自動降格、2チームの昇格を提示。クラブ側から「4クラブも自動降格するリーグは、世界中どこを見てもない」と意見を受け、調整に入った。J1下位3チームを降格、J2上位2チームを昇格とし、もう1枠はプレーオフや入れ替え戦を経て、決定する案が協議される。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請