【ソフトバンク】「2軍では『ギータ』と呼ばれていました」柳田悠岐、今季初1軍

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が26日、今季初の1軍昇格を果たした。ペイペイDで行われた練習前には「2軍、3軍では『ギータ』と呼ばれていました」などとユニークにあいさつ。フリー打撃後にバント用マシンでボールの見え方を確認するなど、本拠地への対応にも懸命だった。

 昨年11月に右肘を手術した影響もあり、キャンプから2軍で調整。22日には体調不良のため広島との練習試合(タマ筑後)を欠場していた。1軍昇格に「景色が違う。これに慣れていかないと」と気持ちが高まった様子。4月24日の開幕を目指すことも決まり「公式戦で結果を出すことが大事。パンとスイッチが入った時に行けるように」と力を込めた。工藤監督も「1軍に上がったという認識。上(1軍)のゲームに出てもらう」と期待。左膝を痛めていた内川も24日に1軍合流しており、3年ぶりのV奪回へ役者がそろってきた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請