【楽天】安楽智大、新球で「剛」から「柔」に変身 逆転開幕1軍へ2回1安打無失点

2イニングを抑え、ベンチ前でナインに迎えられる安楽
2イニングを抑え、ベンチ前でナインに迎えられる安楽

◆1、2軍合同紅白戦 紅組2―0白組(26日・楽天生命)

 楽天・安楽智大投手(23)が逆転の開幕1軍入りへ新球に手応えを得た。26日、本拠地で行われた紅白戦で紅組の先発として2回1安打無失点の好投。2回無死一塁の場面では山下にチェンジアップを投げ込み、最後は三ゴロを打たせた。

 直球との球速差約20キロの武器について「真っすぐを待っていて、チェンジアップを投げたらボテボテのゴロやバットの先に当たったりとか、反応を見るといい感じでアウトが取れていた」と納得の表情を浮かべた。

 15日の巨人戦(東京D)後に「真っすぐは(いい球が)きているから、一つ落ちる変化球を習得しよう」と伊藤投手コーチから勧められた。キャッチボールで練習を重ねて「3、4日前に」紅白戦で試すことを決めた。

 昨年10月に右肘クリーニング手術を受けた。完全復活を目指す今季は「何かを変えないといけない」と一念発起し、カットボールの習得にも挑戦。この日も136キロのカットボールで小郷を空振り三振に仕留めた。左打者の内角を突く球も効果的に織り交ぜた。150キロ台の直球でグイグイ押す「剛」の投球は過去の話。「柔」のスタイルに変身した“新・安楽”が、1軍の座をつかみ取る。(長井 毅)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請