馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【高松宮記念 牟禮が見た】アイラブテーラー、異例の最終追い切りなしも、河内調教師「順調にこれましたよ」

運動のみのメニューでレース当該週の調整を済ませたアイラブテーラー
運動のみのメニューでレース当該週の調整を済ませたアイラブテーラー

◆第50回高松宮記念・G1(3月29日・芝1200メートル、中京競馬場)

 異例の最終調整だが、トレーナーの声を聞いて安心した。アイラブテーラーは26日に行う予定だった最終追い切りをスキップして、角馬場での軽い運動。「先週で仕上がったからね。この状態で(追い切りに)いくと『かっと』なってしまうから。順調にこれましたよ」と河内調教師は意図を説明した。けがなどの異常はなく、河内師はG1初制覇を見据えていた。

 先週までの動きが馬の充実期を物語っている。12日は馬なりで栗東・坂路を51秒3―12秒7。いっぱいに追われた19日は一番時計の50秒9―12秒7をたたき出した。調教をすると抑えることができないタイプ。初のG1挑戦に向けて細心の注意を払っている様子だった。

 約2か月半ぶりのレースもプラスに働くはずだ。434キロ(前走時)の小柄な牝馬。「いつも目いっぱい走るのでね」と河内師が心配するように、快勝した前走の後は消耗もあった。間隔を空けたことで十分にリフレッシュできたように映る。

 武豊とのコンビは6ハロン戦で2戦2勝。「気性の激しいところがあるけど、レースでは上手に乗るよ」と名手も負けん気の強さを実感している。じっくりと蓄えた力をG1で発揮してくれそうだ。(牟禮 聡志)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請