柔道男子100キロ級のウルフ・アロン、代表白紙の可能性に「20年までに1番強かった選手で争うべき」

葛飾区役所を表敬訪問し、あいさつするウルフ・アロン
葛飾区役所を表敬訪問し、あいさつするウルフ・アロン

 柔道男子100キロ級で東京五輪の代表に内定しているウルフ・アロン(24)=了徳寺大職=が26日、出身地の東京都の葛飾区役所を表敬訪問。五輪1年程度延期が決定後、初めての公の場で心境を打ち明けた。柔道は男子66キロ級を除き、すでに男女14階級中、13階級が内定しているものの、白紙に戻る可能性が浮上。卓球や競泳、マラソンなどではすでに内定を得ている選手は代表確定となっている中、ウルフは「井上監督も苦渋の決断で選んだ。2020年東京五輪ならば、20年までに1番強かった選手で競い合うべき。もし僕が選考からもれていて(やり直しても)そっから代表になりたいとは思わない。(全柔連は)判断が遅いなと思う」と考えを述べた。

 仮に再選考となれば、16年リオ五輪銅メダルの羽賀龍之介(旭化成)、19年GSデュッセルドルフ大会優勝の飯田健太郎(国士舘大)と再びし烈な代表争いとなるが「やり直しても勝だけの自信はある。動揺はない」と強気だ。

 五輪延期は決まったものの、日程は確定していない。春開催や、夏開催など様々な情報が飛び交っているものの「めっちゃ(春でも夏でも)どっちでもいいです」と笑った。19年12月に手術した右膝を完治させ、万全の準備ができる時間を得たと前向きに捉え「元のパフォーマンス以上の自分にしていく」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請