令和期待デュオ「all at once」デビューMVに、大友花恋出演し「12cmの距離」描く

男性デュオ「all at once」のデビューシングルのジャケット写真を飾る大友花恋。
男性デュオ「all at once」のデビューシングルのジャケット写真を飾る大友花恋。
シングル「¥E00C¥¥339D¥」でデビューする男性デュオ「all at once(オールアトワンス)」
シングル「¥E00C¥¥339D¥」でデビューする男性デュオ「all at once(オールアトワンス)」

 女優の大友花恋(20)が、令和期待の男性デュオ「all at once」のデビューシングル「12cm」(4月29日発売)のミュージックビデオ(MV)に出演することが26日、発表された。

 同曲はバラード。数学のお兄さんこと横山明日希氏が、「笑う数学」(日本お笑い数学協会著)の中で三角比を用いて実証した「キスをするのに最適な身長差は12cm!」をテーマに制作された。

 MVでは「12cmの距離」をキーワードに、男女の距離感が近付いていく様子を描いたショートフィルム仕立てになっている。男女2人の距離が次第に縮まり、0cmとなる瞬間も見どころ。大友は「1日だけの撮影ですごく緊張していたのですが、このステキな歌を、さらにステキに見せられるミュージックビデオに仕上がっているんじゃないかと、今から楽しみな気持ちになっています」とコメント。ジャケット写真のメインビジュアルも担当する。

 「all at once」は、北海道出身のITSUKI(イツキ)、宮崎県出身のNARITO(ナリト)の同い年のデュオ。音楽プロデューサーの亀田誠治(55)が才能を高く評価し、プロデュースを手掛けている。

 高校卒業と同時に上京。都内の専門学校で出会い、意気投合して活動を始めた。力強いファルセット(声色)と、音域の広い声を持つITSUKI。少年のように素朴で、透明感のある歌声のNARITO。柔らかく温かいハーモニーを武器に、令和を代表するボーカルデュオを目指す。

男性デュオ「all at once」のデビューシングルのジャケット写真を飾る大友花恋。
シングル「¥E00C¥¥339D¥」でデビューする男性デュオ「all at once(オールアトワンス)」
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請