【阪神】藤浪が日本プロ野球界初のコロナ感染の疑いでPCR検査受診へ 陽性なら4・24開幕も不透明に

藤浪晋太郎
藤浪晋太郎

 阪神は26日、藤浪晋太郎投手(25)が兵庫県内の病院で新型コロナウイルスのPCR検査を受けると発表した。2軍の練習試合の阪神―ソフトバンク戦(鳴尾浜)は急きょ中止が決定。球団は甲子園球場、クラブハウスの消毒作業を進めるなど、対応に追われた。

 藤浪は発熱、せき、けん怠感などの症状はなかったが、「嗅覚」の異常に気づき、24日から兵庫県内の耳鼻科や内科で診察を受けていた。コロナウイルスの症状として「嗅覚」や「味覚」の異常が出るケースがあり、25日に再び同県内の別の病院を受診し、医師の判断でPCR検査を受けることが決まった。

 球団は嗅覚不全を感じた際の申し出などの注意喚起を行った上で、過去2週間の会食や行動などをヒアリング。当該期間に食事を共にした選手数名の中には「味覚障害」など類似の症状を訴えている例も出ているという。

 球団関係者は「検査=陽性ではないことを強調して頂きたい」と話したが、1、2軍の選手、スタッフ、フロントに報道陣と接触者は数え切れず、球団は選手、関係者に自宅待機を命じた。27日から全体練習を再開する予定だったが、しばらくチームは解散の可能性もある。

 阪神だけの問題ではない。藤浪を始めとする猛虎ナインは、これまでのオープン戦や練習試合で複数球団の関係者と接触しており、球界にコロナ感染者が拡大する恐れもある。NPBはチーム内に感染者が出た場合のガイドラインを作成。試合や活動を即中止にすることは行わず「個々のケースでしっかり考えていく」と柔軟な対応を行うことを取り決めているものの、全球団の今後に影響が及ぶことも予想される。

 NPBは23日に都内で開いた12球団代表者会議で、公式戦の開幕日を4月24日に設定。観客動員数の制限などの対策を打ち立てているが、選手の感染は想定を超える事態のはずだ。開幕を延期している現状でも143試合の実施を諦めない日本プロ野球界にとって、かつてない正念場が訪れた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請