乗っ込みチヌ57センチ…徳島・阿南市椿泊

狙い通り年なしを仕留めた正木さん
狙い通り年なしを仕留めた正木さん

 地元、徳島での今季初チヌを釣りたくて12日、阿南市椿泊港のイカダに出掛けた。例年なら3月末頃、産卵を控えた良型の群れが浅場に集まる「乗っ込み」が始まる。しかし、すでに「大型のチヌが上がっている」との声を聞き、早朝から車を走らせた。

 渡船場に着くと10人以上が待機しており、船は満員。イカダといっても椿泊は大きな養殖コワリに1人で乗り、通路端の空きスペースで釣る。南向きに釣り座を構え、連結しているイカダとイカダの間を釣ることにした。

 まずは大きめのダンゴを5~6個投入し、底にポイントを作った。午前7時半頃に第1投。3分待って仕掛けを上げると、刺し餌はそのままだ。2投目、3投目と待ち時間やダンゴの割れるタイミング、刺し餌のローテーションなどを変えながら、低活性時の釣りを展開させた。

 2時間ほど過ぎたところで穂先に反応が出た。掛け合わすと、手応えある引きで上がって来たのは30センチほどのマアジだ。群れが来たのか、続けて3尾が釣れて“お土産”確保。しかし、すぐにアタリは消えた。

 時計を見ると正午前。納竿は午後2時だ。「う~ん、ヤバイ。釣れん」とぼやきながら、置き竿にして昼食にかぶりついた。

 食べ終わった頃に穂先を見ると、何だかモソモソとしているようなアタリが出ていた。「ん? まさか」。見直すと、グ~ッと穂先が入った。そこで合わさず20センチほどラインを送り込み、それもグ~ッと入った時に、大きく鬼合わせ! そして、その瞬間に動きは止まった。「根掛かりか?」。すると途端に引きだした。グイグイと強いトルクで底をはうような重い引きは大物と直感。走られると養殖ネットにこすれて切れる恐れがあるため、ラインは出せない。重く強い引きに1・7号のラインは耐えられるのか。立ち上がり、有利な方向へ竿を倒す繰り返しが続いた。時間をかけてのやり取りで、ようやくギラリと光る魚体が見えた。「チヌだ。しかもデカイ!」。狙い通りに仕留めた椿泊での今季初チヌは、丸々と肥えた乗っ込み57センチ!

 この後、追加はなかったが年なし(50センチ以上の大型チヌ)を仕留め、上機嫌で納竿した。

 問い合わせは「大栄水産」(藤田船長携帯090・7144・0458)へ。

(報知APG・正木 義則)

 ◆この日の餌 ダンゴはマルキユーの「ニュー赤ダンゴチヌ」、「コーンダンゴチヌ」、「濁りオカラ」、「荒びきさなぎ」(徳用)各1袋ずつと「ニュー活きさなぎミンチ激荒」2袋を混合。刺し餌は同社の「くわせオキアミ食い込みイエロー」、「くわせオキアミスペシャル」(L)、「くわせ丸えびイエロー」を使用した。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請