ソフトボール・宇津木監督「38歳も40歳も」変わらずエースは上野由岐子

上野由岐子
上野由岐子

 ソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督(56)は25日、東京五輪の延期について、「ポジティブにやっていくしかない。選手は成長できるし、チャンスが出てくる一年になる」と話した。

 通常開催ならエース・上野由岐子(37)の誕生日の7月22日、福島・あづま球場で日本勢の先陣を切って1次リーグ開幕戦が行われる予定だった。「上野に投げさせようと思っていたけど、いつになるか分からないからね」と苦笑い。ただ、「38歳も40歳も変わらない。彼女は特別な選手だし、心配は全くしていない」と変わらぬ信頼を寄せた。

 この日、日本リーグ女子は4月末までの全66試合の中止を決定。リーグ再開は9月となった。代表候補は各所属チームで練習している。宇津木監督は「この状況で毎日練習できるわけではないから、時間は限られてくると考えている」と厳しい戦いを見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請