【ロッテ】井口監督、佐々木朗希の五輪代表入りに期待「可能性ある。1年後なら」

ロッテ・佐々木朗希
ロッテ・佐々木朗希

 ロッテの井口資仁監督(45)が25日、ドラフト1位ルーキー・佐々木朗希投手(18)の東京五輪代表入りに期待を寄せた。

 開催が1年程度延期されることが決まり、代表メンバー選考にも影響が予想される中、昨秋のプレミア12に自軍の選手を送り出せなかった指揮官は、「金メダルを取ってもらいたいし、一人でも多くの選手を送り出したいと思ってます」と、96年アトランタ五輪銀メダリストの自身に続く侍戦士の育成に意欲。もちろん、令和の怪物・佐々木朗も候補の一人。「可能性はあるんじゃないですか? 1年後なら」と、プロ1年目からの活躍で一気に代表抜てきという青写真を描いている。MAX157キロをマークした前日のフリー打撃登板で、改めて能力の高さを確信した指揮官。「(状態は)大丈夫そうだね」と、27日の2度目のフリー打撃登板にゴーサインを出した。

 〇…カブス・ダルビッシュが「令和の怪物」の剛腕に反応した。24日にロッテ・佐々木朗がプロ入り初の打撃投手を務め、最速157キロを叩き出したことを受け「もうまじで170km/h投げるんちゃうか。吉井コーチもいるし安心」とツイッターに書き込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請